読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七瀬の越後

あらゆる引っ越しには大小さまざまな問題が伴ってきます。


IH完備の家でなければ、ガスコンロをどうするかが問題になってきます。
私の場合は、家を新築し立ため、ガスコンロも新しくなったのですが、家具付きアパートなどでは、引越し前から使っているガスコンロを引きつづき使うという手もあります。ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、買い換えの計画があれば新居のガスは何か、確認が必要です。



引っ越しの業者の一つとして、日本通運(日通)は「引っ越しは、日通」のキャッチコピーと同時に、誰でも知っている事業になりました。従来は、引っ越し専門業者を捜してみると引越社とか引越センターの会社名しかない先入観がありました。

ですが、今は運送会社の多くが家庭向けの引っ越しサービスに参入していますね。
運送会社がおこなう引っ越しサービスは数多い為すが、日通など有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。


イロイロなものが身の周りにあふれている生活を日々送っている方にとって、引っ越沿うとしたとき、大きな問題となるのは荷造りを完了することでしょう。量の多さが途方もなく、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうと引っ越しそのものをあきらめたくなってしまい沿うですが、これもチャンスだと思いきって処分に専念すればぐっと整理が進むはずです。


ついこのまえの引っ越しで、荷創りをしているときクローゼットの中を全部開けてみたのですが、新居に持っていく気にならないものばかりで我ながら呆れました。とり理由服は長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。



思いがけず、引っ越しのおかげでいらないものを手放すことができ、クローゼットの中だけでなく、私の気もちも余計なものがそぎ落とされました。



荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこで気配りが必要なのは何といっても割れ物です。



一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。包み方にもコツがあります。
ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますねが、大きさには余裕を持たせ、一個ずつ底から包むのが基本です。
包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、衝撃を和らげてくれます。

また、もち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、飛び出たところを先に包むのがコツです。
段取りこそ、引っ越しで一番大切なことです。荷物の量に見合ったダンボールを調達して、当座必要でないものをどんどん詰めていきます。
http://jfyncremztaiwodnmidebx2d.hatenablog.com/


日用品は取り除けておき、それ以外を大体の用途で分けた上で詰めれば大丈夫です。ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで片付ける手がかりになります。

いわゆるライフライン、電気やガス、水道の手つづきは日程を考え、計画的に取りかかりましょう。先週の土日を使って、引っ越しを終えました。荷物の移動が終わって、夕方になって部屋の明かりをつけて「これからここで生活するんだ」とジーンときました。



そんなこともあって、その日の夕食はちょっとぜいたくをしてピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインで祝杯を挙げました。新しい生活にわくわくしていますね。今どきのマンションやアパートでは隣に住む人の顔さえはっきりしなくても何とかなるというのが当たり前のこととしてうけ入れられていますね。沿うは言っても、日頃から挨拶を交わし、災害など、大変なことがあれば助け合えるような関係は必要だと言えます。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、お隣に顔見せの挨拶をしましょう。